ビトンの財布

ビトン 財布/長財布

ビトンの財布特集
日本では人気のビトンの長財布

  
ビトンの財布/長財布は日本国内において人気のあるアイテムです。ビトンの中でも財布は特に人気ですね。世界的ブランド、ビトンの創始者ルイ・ビトン(Louis Vuitton)のイニシャルをロゴ化した『LV』のモノグラムはビトンのシンボルとして、絶大な人気を誇っています。ビトンの財布は種類の豊富さ、デザイン、品質の高さも人気の理由となっていす。マルチカラーのモノグラムをちりばめたコアラの財布も派手でお洒落ですが、いわゆる王道をゆく通常のビトンの財布も高級感が漂っています。いまやビトンの財布新作は日本国内でも老若男女問わず支持され、非常に人気のあるブランドとして認知されています。

ビトンの財布とブランドビトン

財布や長財布などが有名なビトンは、フランスのカバン職人ルイ・ビトンが創設した。当初は、カバンというよりは、軽量トランクを作っていた。1867年、ルイ・ヴィトンは世界博覧会で銅メダルを獲得。これにより、世界的な評判を得たが、「LV」のモノグラムを使用するようになったのは、息子のジョージ・ビトンの時代です。今日、ビトン製品は、その高品質、デザインで高級ブランドとしての地位を確立しています。現在のLVMHグループは実は、クリスチャン・ディオールやフェンディなど有名ブランドを傘下におさめる巨大ブランド企業に成長しているのです。 人気の高いビトンの財布は『LV』のブランドマークをモノグラムに配したデザインのキャンバス素材を使用した作りがメインになります。日本では既に1978年に、銀座店をオープンしており、現在では、不動の地位を気づき上げています。近年において、記憶に新しいところではビトンの財布でモノグラムがさまざまなカラーで入っているものが評判となりました。ビトンだけが持つ高級感とその先進的なデザインは時と場所を選ばず、誕生から一世紀近くになっても人々の心を掴んで離しません。現在もバッグや財布、アクセサリーなど世界のブランドとして日本でも多くのビトンファンが生まれています。

ビトン(Vuitton)の魅力

ビトンの財布/長財布はグッチやエルメスと並んで人気のあるブランドのひとつですが、日本ともなじみが深いのが特徴です。世界的に有名は、日本人芸術家である村上隆とのコラボレーションで、「モノグラム・マルチカラー」「モノグラム・チェリーブロッサム」「モノグラム・チェリー」など女性をグッと惹きつけるようなラインを発表しています。男性にとっても女性を惹きつけるプレゼンととして人気があります。また、モノグラム地にパンチングを施し、穴を開けた素材の「モノグラム・ペルフォ」、デニム素材の「モノグラム・デニム」などもあります。

ビトン 財布 ビトンの真髄

スポンサードリンク
ビトンは財布に留まらず、なんといってもバッグですね。それから、値段的に手が届かないなら小物がお勧めです。マルチカラーの携帯ストラップなんかもあります。ビトンは日本人芸術家とコラボレーションしているわけですから、日本市場を非常に重視していますね。

そんなビトンのアイテムの中でも特に人気なのが財布やバッグです。財布には二つ折りの財布や長財布がありますが、どちらかといえば二つ折の方が人気があるようです。高級感を持ち合わせつつブランド品の割には比較的安価なため、たくさんの人々に愛用されています。ビトンの新作の財布などはすぐに売切れてしまう程です。